一番重要になるのはコース選び

ゲーム系の専門学校には、複数のコースが用意されています。ゲームデザイナーコースや、ゲームプログラマーコースなどです。コースによって勉強できることも違ってきますし、将来どんな仕事に就けるのかも変わってきます。コース選びで人生が変わると言っても過言ではないぐらいなので、まずは慎重に自分に合ったコースがどれなのか判断していくのがベストです。CGコースなら、本当に数年間CGのことばかりを勉強することになるので、自然と道は決まってきます。なりたい自分の将来像を思い浮かべてベストなコースを選択しなければ、途中で後悔をすることにもなりかねません。最近はコース分けも細分化され始めていて、同じプログラミングでもスマホゲームを作るのかコンシューマゲームを作るのかでコースが変わってきます。卒業生の具体的な就職先や活躍内容を見極めてから入学をしなければいけません。

一度は学校を見学させてもらおう

大手ならオープンキャンパスをやっていることもあります。実際に一度その学校に足を運んでみて、どのような設備が整っているのかのチェックはしておくのが無難です。CGコースなら、使わせてもらえるCGソフトの種類までできれば把握しておきたいものですよね。プロの最前線で使われている高度な機材が整っていないと、有効な勉強ができなくなってしまいます。他にも講師陣の顔ぶれもチェックはしておきたいです。卒業生の中に有名な人がいれば、その学校の教育や業界とのパイプにも信頼が置けます。卒業生の顔ぶれまでチェックしておくと、間違いは減らせますね。

ゲームの専門学校では、ゲームに関した職種に特化し、その専門分野を学ぶことができます。たとえば、ゲームプランナー、ゲームグラフィッカー、ゲームプログラマーなどがあります。