合計の計算式をクリックだけで入力する

エクセルでは集計表を作成する作業が多いかもしれません。ビジネス用途が多いですが、もちろん家庭でも家計簿や小遣い帳、その他の集計表などを作成できます。集計表ではセル同士を合計してそれを表示させる欄を設置します。合計させたいときは、セル同士をプラスでつないでいく方法がありますが、たくさんのセルを合計するのにその作業は面倒です。よく知られている関数にSUMがあり、これを使うと簡単に縦や横の集計ができます。慣れている人なら直接セルに関数を入力できますが、慣れていない人だとやり方が分からないかもしれません。この時にはオートSUMボタンを使います。合計を表示させるところでオートSUMをクリックさせるだけで合計が表示できます。

合計以外にいろいろなデータを表示させる

エクセルで集計表を作成するとき、合計は定番のデータです。売上の合計、経費の合計、人数の合計など最も大事なデータと言えるかもしれません。それ以外にも欲しいデータはあります。最大値を知りたかったり、平均値、データの個数などが分かれば便利でしょう。少ないデータなら暗算したり最大値を探したりも簡単です。でもたくさんのデータがあるとそれらを計算するのは無理です。この時に関数を使えば簡単に表示できます。しかしどんな関数を使うのかわからないかもしれません。オートSUMは、SUMの名前があるので合計しかできないと思っているでしょう。オートSUMボタンの右の矢印をクリックすると合計以外に平均、個数、最大値などが選べ、簡単に関数入力ができます。

MOS講座とは、MOS資格取得を目的とした内容のことです。MOSは、エクセルやワードなどのパソコンスキルを客観的に証明できます。世界で通じる国際資格として、知名度があります。