補償範囲は3つです!

ペットを飼育している人はペット保険への加入をするのが一般的ですが、ペット保険はどこまで補償してくれるのかを理解してから選ぶ必要があります。ここでは一般的なペット保険の補償範囲を紹介します。1つ目は通院補償です。ペットが皮膚炎などの病気や怪我で動物病院で生じる治療費を補償してくれます。しかしながら、どのような傷病が補償対象になるのかは保険会社によって異なりますので、保険会社に確認することをおすすめします。2つ目は入院補償です。病院に通って入院する必要が生じたときにはその入院費や薬の治療代を補償してくれます。多くの場合はペットが手術して入院する必要が出たときに適用されます。もちろん、手術がなくても長期間入院することになれば適用されますので、安心してください。3つ目は手術補償です。ペットが大きな病気や怪我で手術をすることになったときにかかる治療費を補償してくれます。ただし、保険会社によっては日帰り手術のような簡単に済む手術の場合は適用されない可能性があります。

どの程度補償するのか?

ペット保険がどの程度補償するのかは通院補償、入院補償、手術補償ごとに支払限度額と支払限度日数によって異なります。1日あたりにどのくらい支給されるのかが明確になっているものが多いです。保険会社によっては支払限度額ではなく年間支払限度額を設定しているところもあります。これは期間内であれば何度も補償されるというものです。ペット保険への加入を検討している場合は、中身をしっかりと吟味しましょう。

保険選びは保険料金で決めてしまいがちですが、補償内容などもしっかりと比較することが大事です。ペット保険も同じように、補償内容なども考慮してペット保険の比較をすると良いでしょう。