経営視点を育むロールプレイング

マネジメントゲームは社員研修の一つとして世界的に注目されています。経営者としての視点を育むことができるロールプレイングゲームの一種であり、数名を一グループとして経営者として会社を運用していくゲームです。ルール設定には様々なものがありますが、予算の確保と経営戦略の立案、実施と決算に至るまでを一通り経験できる本格的なものが多くなっています。社員でグループを作って競い合わせるようにして経営を行わせる仕組みになっていて、互いに成功と失敗を繰り返しながらディスカッションも交えていくことにより経営に関する深い理解を得ることができるのが魅力です。

社員が経営視点を持つメリット

社員研修としてマネジメントゲームが着目されているのは社員の一人一人が経営視点を持つことにメリットがあるからです。会社の末端で与えられた仕事をこなしているだけの社員が経営者としての視点を持つようになると、経費をどのようにして使うのが効果的かを日常的に考えるようになり、会社の資金を有効活用できるようになります。また、どのように仕事を行っていけば会社のためになるかを意識させ、良い発想があったときには提案をしようという傾向を生み出すことが可能です。全体として社員の仕事が生産的になって企業として成長しやすくなるのがメリットになります。このような視点を持たせることで企業の一員として働くことも意識させられるようになって帰属意識も高めることができるのもマネジメントゲームの特徴です。

mg研修はマネージメントゲーム研修の略で経営者育成研修になります。ゲームを通して経営体験ができ、一般の立場でも経営の感覚が得ることができます。