職人になるなら早めにしよう

高校ぐらいはいっておきなさいと、様々な親は言うかもしれません。しかし、高校に行ったからといって必ず手に職が就くわけではありません。特に職人になりたいと思っているならばなおさらです。職人になるには、若い時期から修業を積んだ方が有利です。10年かかるといわれている修業でも、高校を中退してその道により早く進んでおけば、25歳ぐらいにはもう一人前になっているかもしれません。また、職人になるために勉強が重要かといわれるとそうでもありません。技術があるかないかの世界になっているので、勉強をするよりも技術を学ぶために高校に行かずに修業をしておいた方が、将来的にもいいでしょう。

中退後に高校に戻りたくなったら

高校を中退して自分の好きなことを極めたいと思ったが、やっぱりその道ではやっていけなさそうだとなった時、もう一度高校に戻って勉強しなおしたいと思う人もいるでしょう。しかし、全日制の高校のほとんどは中学生からそのまま上がってきている生徒ばかりです。ですから、その中に高校生として入っていくのは非常にハードルが高いです。そういったときは、定時制高校に入学しましょう。定時制ならば、様々な年代の人がいる可能性が全日制よりも高いです。また、働きながら高校に通うこともできるので、そういった面でも定時制高校は優れています。中には自分と同じような理由で定時制の高校に通っている生徒もいるかもしれませんから、そのような人を探して友達を作ってみてください。

高校中退すると最終学歴が中卒になります。そのような人たちは通信制高校に通い高卒になる、高卒認定試験を受けて大学に進学するなどで学歴を変えると就職等の苦労が少なくなります。